プロがビビったのは
小学生でした。

小学生探究グランプリは子どもたちの探究的なアウトプット(表現・創作・企画など)を競い合う、日本初の小学生向け探究学習コンテストです。

各回の募集テーマは建築家・コピーライター・エンジニアなど、様々な「仕事・職業」に紐づいています。プロが取り組むようなお題に挑戦することで、働く醍醐味を体感しながら仕事の本質にふれ、世界を広げることができます。

応募作品を審査するのはその道のプロフェッショナルたち!多様な価値観・視点をもつプロからのフィードバックは、子どもたちの隠れた才能を引き出し、さらなる探究へと後押しします。

子どもの興味関心や学びを、五教科や教室に閉じ込めずにもっと広い世界に解き放ちたい。
子どもと大人の垣根を越えて、創る楽しさ、表現するワクワクを一緒に体感したい。

子どもの「好き」「やってみたい!」を、社会のど真ん中で大人と一緒に形にする、それが小学生探究グランプリです。

過去のグランプリ

なりきり!メカエンジニア
2021年8月開催

なりきり!エレキエンジニア
2021年3月開催

なりきり!コピーライター
202011月開催

なりきり!建築家
2021年3月開催

主催者からのメッセージ

ここだけの挑戦が、ある。
ここだけの出会いが、ある。

好きなことに対して思い切りエネルギーを注いでいるんだけれども、学校や塾な、身近な学び場ではなかなか評価されない。子ども時代にはよくある悩みです。

でも、それを社会の第一線で活躍するプロにぶつけてみたら・・・もしかしたら「すごい!」「面白い!」思ってもらえるかもしれない。「こうするといいよ!」とアドバイスをもらえるかもしれない。将来につながる忘れられない出会いになるかもしれない。

10年近く子どもの学びに伴走してきて、彼ら・彼女らの可能性を引き出すことができるのはいわゆる"先生"や"教室"だけではないと強く感じるようになりました。今まさに社会を創っている大人たち、ちょっと歳上の先輩大学生たち、一緒に切磋琢磨しあえる同年代の仲間たち・・・たくさんの出会いが子どもたちに気づきと刺激をもたらしてくれます。

そして、街や地域を舞台に「社会に直結する生きた学び」「自らアクションをおこすワクワク」を手にすることができた子どもたちは、水を得た魚のように伸びていきます。子どもだって社会の一員なのだから、ずっと受け身でいるのは面白くないですよね。自分が行動したら手応えがある、なにかが返ってくる、その繰り返しが学び続けるエネルギーの源泉になると思うのです。

小学生探究グランプリは、仕事を軸にした幅広いテーマ設定と各界のプロフェッショナルを紹介することで、世界が広がる学びを子どもたちに贈ります。

(a.school代表取締役/校長 岩田拓真)

主催 :a.school(エイスクール)

株式会社a.school(エイスクール)は、2013年創業の「学びの再発明」をプロデュースする会社です。運営する探究学習塾a.school(本郷三丁目校・池上校)では、幼少中高生を対象に探究的な学びを提供しています。

独自開発した小学生向けアウトプット型・探究学習プログラム「なりきりラボ」「おしごと算数」は、小学生が世の中の様々な職業の本質に触れ、自ら発信・創作・企画実行するような、生きた学びが特徴です。2019年度グッドデザイン賞を受賞したほか、現在全国のパートナー事業者で同プログラムの提供が進んでいます(17都府県44教室/2020年9月)。

2020年4月には小学生コース オンラインプランを立ち上げ、学びの選択肢を増やす活動をしています。