2020年8月に開催した第1回小学生探究グランプリ「なりきり!建築家」。パース図・設計図を書いてから実際に建築模型を作成するという本格的かつハードな課題にも関わらず、全国から100名近い応募がありました。

「こういう家に住んでみたい!」「どんな建物があったら面白いかな?」と想像を膨らませた子どもたち。そのイメージを心の中で終わらせるのではなく、自ら手を動かして模型づくりにいかしてくれました。こだわりが詰まった大人顔負けの作品の数々を、ぜひご覧ください!

最終選考作品
ふわふわホテル

最終選考作品
スポーツハウス

最終選考作品
マイドリームハウス

最終選考作品
360°海の家

最終選考作品
自然図書館

最終選考作品
おもしろハウス

最終選考作品
ドリームハウス

最終選考作品
ユメの家

最終選考作品
モダンパオ

最終選考作品
みんなで暮らせる光の家

最終選考作品
海の見えるカフェ

最終選考作品
音楽教室

最終選考作品
空と森のタワー

最終選考作品
中橋本町駅

最終選考作品
楽しい一軒家

最終選考作品
超ハッピー☆ドリームハウス

審査員

敷浪一哉
(建築家)

一級建築士。シキナミカズヤ建築研究所 代表。家の前から国後島が見える、最果ての街根室市出身。小さな頃から運動部育ち。大学で始めたラクロスに魅了され、現在も大学のラクロス部を指導する日々。一方で、「主夫建築家」を目指し、家事と子育てに取り組みつつ、住宅設計の糧にしている。

大西正紀
(建築の編集者/まちづくり会社ディレクター)

株式会社グランドレベル ディレクター。建築家になるべく、大学院まで勉強を進め、ロンドンの設計事務所に就職するも、海外の人たちの建築や街に対する愛に打ちのめされ、建築を伝える編集者の道へ。現在は、グランドレベルで「1階づくり」の啓蒙に邁進する。

田中元子
(建築のライター/まちづくり会社社長)

株式会社グランドレベル代表取締役社長。ある日、建築がスキになってしまい、独学で建築を学び、建築ライターに。その後、自分のオリジナル屋台を街に出し、コーヒーを振る舞っていたら「まちの1階」が気になりすぎたので、「1階づくりはまちづくり」をモットーとした会社を設立。『マイパブリックとグランドレベル ─今日からはじめるまちづくり』(晶分社)がある。

岩田拓真
(a.school校長)

a.school代表兼クリエイティブ・ディレクター。読書や音楽・美術鑑賞から自然探索まで、なにをやっても「わくわくする学び」「斬新なきりくち」を探してしまう。父親2年生として日々試行錯誤中。経営コンサルティング会社Boston Consulting Groupに新卒入社後、コンサルタントとして修行を積みつつ、週末起業として教育NPOの運営に携わる。2013年にa.school設立、2014年より本郷校開校。

募集要項

応募資格

12歳(小学6年生)以下の方

※未就学児の方でも応募可能です。

提出物

  1. 建築パース・設計図(平面)

  2. 建築模型(立体)

※建築パース・設計図や建築模型の形式は問いません。リンク先の【Q&A】パートにてイメージを紹介しているので、ご参照下さい。

※(スマートフォンなどで)写真に撮って提出ください。建築模型についてはできるだけさまざまな角度から撮影した写真を添付願います(最大10枚・合計1GBまで/PDF, JPEG, PNGのみ)。

※審査ポイントは以下3点です。

  • 『アイデア』の独創性

  • 設計図や建築模型をつくる『技術』

  • これからの『社会』で必要とされるコンセプト

表彰

・グランプリ(1作品)
・優秀賞(2作品)
※受賞者には、審査員(プロの建築家)が厳選した建築家グッズをプレゼントします!

応募方法

こちらの応募フォームより提出物を送付下さい。

スケジュール

募集開始:2020年6月13日(土)

募集締切:2020年8月22日(土)24:00

結果発表:2020年8月29日(土)16:00〜Youtube上で生中継

結果発表の様子はこちらからご覧いただけます!